フライトインプレッション Tenor light21

PHIのEN-B軽量モデルである「TENOR light」の動画です。サイズは21(75-105Kg)です。
パイロットは富士見パノラマの岡田さん、装備重量87Kgでのフライトです。

軽量となったことでTENORほどの機敏さはなくなり、とてもマイルドで乗りやすいグライダーになりました。


PHI VIOLAでフライト

PHIのEN-A軽量モデルである「VIOLA(ヴィオラ)」の動画です。サイズは20(65-100Kg)Extended(100-120Kg この場合はEN-B)です。
パイロットは富士見パノラマの岡田さん、装備重量90Kgでのフライトです。

ベースとなったEN-AのSONATAとは違った味わいになっています。


GOLDEN5 26


GradientのEN-B機、GOLDEN5の動画です。サイズは26(85Kg-105Kg)。パイロットは富士見パノラマの岡田さんで、装備重量93Kgでのフライトです。
初代GOLDENから受け継がれた扱いやすさと安全性は、動画からもうかがい知ることができるでしょう。


PHI TENOR23テストフライト

PHIのスタンダードBクラス「TENOR」の23サイズ(90Kg-110Kg)のテストフライト動画です。
テストパイロットは富士見パノラマの岡田さん。装備重量92Kgで下限でのフライト。

スーパーAクラスのSymphoniaと同様の翼を持つTENORですが、どのレンジで乗るかは重要なファクターだと思います。(私のインプレもいずれアップします)

軽めで乗っても軽快なTENORをぜひ、感じてみてください。


PHI MAESTRO最新情報


PHIからの最新情報です。
兼ねてから気になっていたPHIの最新機MAESTROですが、現在サイズ21と23の認証テストを行っています。サイズ22と19ももうすぐ始まるところで、認証はBで取得されるようです。

このMAESTROは、ハイエンドBクラスのグライダーとしてリリースされる予定です。



仕上がりは上々のようで、2019年の早い時期にお目見えすることになるでしょう。

現段階で分かっているスペックですが、次のようになっています。

サイズは17(XS)から25(XL)まで6サイズ。体重レンジも細かく設定されており、パイロットの装備重量に対してベストなサイズを選択できそうですね。



カラーも4色用意される様です。



早く乗ってみたいですね!!
続報があり次第、またブログでお知らせします。

2019年はPHIのMAESTROに注目ですね!!