バリバリ大試乗会


冬のシーズン突入を告げるイベントであると言っても過言ではない関西は紀の川で開催されている
「バリバリ大試乗会」
にお邪魔しています。なんと、21年目を迎えるそうで、しっかりと定着したイベントであることが参加してみてわかりました。



ユーピーパラグライダースクールの村井校長をはじめスタッフのみなさんにお世話になりました。
天気のほうは冬型で北西風が強く、試乗できるようなコンディションにはならなかったのが残念ですが、業界新人である私にとっては、各ディーラーさんとの挨拶や交流に時間を取ることができてある意味有意義な時間を過ごせました。





明日はもう少し風が弱まる予報です。
PHIのスーパーAクラス「シンフォニア」やBクラスの「TENOR」など、話題の試乗機をご用意してお待ちしております。


ロゴが変わりました


エアハートのロゴが変わりました。
これまでのロゴと比べると、とてもシンプルになったと思います。個人的には好きです。

さて、このロゴですが三日月のようなデザインが2つ合わさって

AIRHEART の A と H を表しています。
また、ハートの図案でもあります。
そして、形がパラグライダーのキャノピーみたいですよね?
何より、二つの図柄が手を取り合っているように見えませんか?

そんなことを表現している・・・のだろうと、私が勝手に解釈しております(笑)。




と言うことで、新しいロゴのステッカーも来たのでエアハート号のロゴを貼り換えました。前のロゴをはがすのが面倒でしたけど・・・。
まぁ、素人作業ながらそれなりに貼れたのではないかと・・・。

今週末はこのエアハート号で紀の川「バリバリ大試乗会」へ伺います!!


自己紹介


みなさま、いつもお世話になります。

今日は、今更な感じもございますが、自己紹介をさせていただこうと思います。

名前は 藤野光一(ふじのこういち) と申します。ニックネームはpikaichi(ピカイチ)です。1965年7月生まれですので現在53歳で、妻と息子が一人おります。
息子は既に社会人なので、いろいろあって前職を早期退職しエアハートコーポレーションにお世話になったと言う次第です。エアハートに入るために会社を辞めたわけではないので誤解なきよう・・・。



パラグライダーを始めたのは1992年からで、地元のJMB立山パラグライダースクールの門を叩いたのがキッカケです。初心者コースの先生は現在の立山パラグライダースクール関沢校長で、高高度フライト以降は世界の扇澤さんが先生でした。
掲載した写真は、1995年に立山で開催されたパラグライダー日本選手権のものですが、今から23年前になるのでみんな若いですね。この時は、競技日程7日間全てで競技が成立した歴史に残る日本選手権で、私も毎日飛んで「パラグライダーって疲れるな」と実感した記憶があります。ホントに凄い大会でした。

私が何処にいるか探してみてください。



こちらは、私がずっと仲間でコンペに参戦していた時に結成した「Team-C」の前身メンバーです。確か1996年のものだと思いますが、右端にいるのが私です。若いですね(笑)。フライトスーツも今と違ってかなり派手なカラーとデザインでした。



こちらはオマケ画像です。
写真のデータバックを見ると、1994年10月8日になっていますね。立山で開催された大会の時のものですが、マジックで書かれているとおり、世界の田中さん、扇澤さん、その右の若手はなんと!!伊澤さんと梅迫さん(現:丹波パラ校長)ですね。こちらも若いね。



そんな私ではございますが、これからエアハートの営業としてみなさまのエリアにお邪魔することになります。ぜひ、お気軽にお声がけくださいませ。

今後とも、よろしくお願いいたします!!